パリの郊外暮らし

ephemere.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 14日

男の子がバレンタインに手作りチョコ・・・!? @ St.Valentin

f0095128_1452046.jpg

 数日後にバレンタインを控えたある日、じゅんぺいが、
 「ねぇ、トリュフ・チョコの作り方教えてくれる・・・?」

f0095128_2332341.jpg

 「いいよ、でもいつもうちで作るのはラム・レーズン入りだけど・・・?」

f0095128_147411.jpg

 「あ、じゃ、レーズンは抜きで・・・」 (← 実は彼、レーズンがちょっと苦手)

f0095128_1472518.jpg

 という訳で、夕べはせっせとトリュフ作り・・・。

f0095128_1474214.jpg

 今日は、これを持ってパリの日本語補習校へ行き、先生や友達に食べてもらったそう・・・
 「みんながとても喜んでくれたのがうれしかったな」と、ぼそっ・・・。

 夕方から、今度は友達の引っ越しの手伝いに持って行ったら・・・一人の女の子がやっぱりお手製のチョコレート・ブラウニーを持って来てたらしく・・・
 「ブラウニーのほうがインパクトが強くて、みんなそっちに集中してた」んだって・・・。


<作り方覚え書き> (出来上がり約30個分)

 濃厚な生クリーム200cc を小鍋に入れて火にかけ、熱くなってきたら好みの紅茶(今回はマリアージュの Thé de Noel を使用。なるべく香りの強いものがいい) をわりとたっぷりめに入れて煮出す。(ティーバッグの場合は、袋から茶葉を出して煮出したほうがいいかも)

 いい色になってきたら細かいざるで漉して、熱いうちに砂糖60グラムを溶かす。(チョコよりも砂糖を先に溶かすこと! 砂糖を後にしたらざらざら感が残ってしまうので)

 その紅茶風味たっぷりの生クリームを湯煎にかけて、ブラックチョコレート(カカオ75%)200グラムを溶かし、すっかり溶けたら火からおろしてバター大匙2杯弱を溶かし込み、よく混ぜる。

 あら熱をとってから、冷蔵庫で冷やす。(30分以上)

 十分固くなったら、小さなスプーンで取ってまるめ、ココアの粉(無糖 VAN HOUTEN
)をまぶす。冷蔵庫で再び十分冷やしてから、手で形を整え直すときれいに仕上がる。

後味に紅茶の香りがふわっと広がる、ちょっとビターで美味しいトリュフの出来上がり~!
[PR]

by maVieestBelle | 2009-02-14 17:41 | じゅんぺい高校生日記


<< まだまだあった、真冬のブロカン...      マレ地区のちょっと素敵なところ... >>