パリの郊外暮らし

ephemere.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 12日

シャトー・デュ・クロ・ドゥ・ヴージョ Ch. du Clos de Vougeot

f0095128_17143562.jpg

 この日 (2006/08/23) は、ボーヌよりちょっと北上したところにあるワインの道具博物館、シャトー・デュ・クロ・ドゥ・ヴージョを訪ねることに・・・。

 たいがいのガイドブックに写真が出ているこの城は、ブルゴーニュの「利き酒騎士団」 (Confrérie des Chevaliers du Tastevin) の本拠地として知られている。日本からも毎年誰かしらがこのシュヴァリエ(騎士)とやらに選ばれて入団式に出席した、というようなニュースを目にするが、それを大真面目にありがたがっている日本人の姿はなんかちょっと場違いな印象。実はもっと遊び心に満ちた催し・・・というのが本当のところのようで、それならば、あぁと納得がいく・・・。

f0095128_17532273.jpg

 クロ・ドゥ・ヴージョの由来は、12世紀の初頭に、シトー派の修道士たちによってぶどうの栽培及びワインの醸造が始められたことに発する。それからフランス革命(1789)までの間は、この修道院の所有となり、その間1551年に当時の48代目修道院長ドン・ロワジエ (Dom LOISIER) によって現存の城が建てられたそうだ。

f0095128_18101742.jpg

 La Cour d'honneur (名誉の中庭)という名の中庭・・・

f0095128_18134723.jpg

 ・・・に何気に置かれた花車・・・。

f0095128_18153536.jpg

 ここ (La cuverie) には、当時使われていた巨大なキャプスタン式のプレス機が4台、そのままの状態で展示されている。

f0095128_181977.jpg

 このオーク製のプレス機からは、一度にかなりの量のぶどう液が抽出されるとかで、てこの応用の原理から始まって色々な説明を受けた。

f0095128_18351376.jpg

 このタペストリーのある部屋は、当時の樽貯蔵所で、ここに毎年500人以上もの人が集まって、飲めや食えやの晩餐会が行われるそうだ。このお祭りは、栄光の3日間 (Les Trois Glorieuses) と呼ばれ、毎年11月の第3土曜日にここで行われる利き酒騎士団の入団式及び晩餐会から始まって、2日目にはホスピス・ドゥ・ボーヌでのワインの競売オークション、最終日である3日目にはブルゴーニュ中の生産者がムルソーに一同に介しての大晩餐会・・・という、いかにもお祭り体力溢るるフランス人らしいプログラムだ。

f0095128_18432628.jpg

 さきほどの中庭に面した井戸。ブルゴーニュ地方では殆ど川を見かけなかったけれど、井戸だけはそこらじゅうにあった。

f0095128_18445632.jpg

 これもやはり中庭の壁にしつらえた日時計・・・10時50分を指してるみたいだけど、どのぐらい正確なんだろう・・・? たぶんそのぐらいの時間だったような・・・。

f0095128_18461784.jpg

 白砂の上を歩く黒猫のようなイメージのこの鐘は、今でも使われていそう・・・。

f0095128_18474059.jpg

 入り口の門の外から眺めてみた・・・。ここから車で入って、好きなところに駐車する。

f0095128_18485041.jpg

 クロ・ドゥ・ヴージョは80の所有者に対して全部で50ヘクタールのぶどう畑。こういった表札のようなものを見れば誰の所有地かがわかる。ちなみにここで栽培されているぶどう品種はピノ・ノワールのみで、全部赤ワインだ。そして、全てがグラン・クリュ(特級)に指定されているが、醸造技術は当然ながらドメンヌによってまちまちのよう・・・クロ・ドゥ・ヴージョに関しては特に生産者をきちんと選んだ方がよさそうである。

f0095128_18515783.jpg






Château du Clos de Vougeot
21640 Vougeot
[PR]

by maVieestBelle | 2006-10-12 19:19 | ブルゴーニュ地方


<< サン・ロマンという山 Mont...      シャトー・ドゥ・ラ・ロシュポ ... >>