パリの郊外暮らし

ephemere.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 03日

稚内に行ってみた その2

f0095128_23103815.jpg

 稚内に行く目的のひとつは・・・カニとウニを思いっきり食べること! でも、宿泊先である民宿「しずや」のこの夕食のお膳にたどり着くまでの道のりは、予想に反してそんなにたやすいものではなかったのである・・・。

f0095128_23135995.jpg

 8月1日(水)朝、羽田発9時45分のANA571便。ちなみに羽田から稚内へ飛ぶ全日空便は1日に2本(朝と昼発)だったので、朝の便を選んだ。着いたらすぐにラーメンを食べに行こう! と張り切ってたんだけど、まさかその選択があだになろうとは・・・。

f0095128_23172477.jpg

 待合ロビーにスタバを発見し、大喜びで「朝フラペチーノ」を吸い込むじゅんぺい・・・確かにここまでは何もかもがうまくいっていた・・・。

f0095128_2319870.jpg

 東京はまだ梅雨明けしてなかったけど、それでも暑かったなぁ・・・飛行機は予定通り、11時35分に稚内に到着・・・するかと思われたんだけど、なぜかすんなり着陸態勢に入らないで、稚内空港の上空を旋回している。どうやら、雲が低く垂れ込めているような感じで視界に問題があるらしい。

f0095128_23234359.jpg

 で、結局どうなったかというと・・・旭川に連れて行かれた~!!!

 旭川は、北海道のほぼど真ん中で、そこから稚内までは250キロもある! 私たちの運命やいかに? という心境で待っていたところ、ANAの方で手配してくれた4台の観光バスで再び北上することに・・・。みんな、それぞれショックですぐには立ち直れない様子だったが、さすが日本人、大騒ぎをする人はいなかった。

f0095128_23294234.jpg

 最初の休憩所で、おにぎりと缶入りの冷たいお茶が配られたので皆がつがつと食べる。お昼時だったからね~。(じゅんぺいは残っていたのを更にあと二人分もらって食べた。)それに、信じられないことに、旭川空港にはジュースの販売機しかなかったので自分たちでは何も買えなかったのだ。

f0095128_23323959.jpg

 こんなことでもない限り、北海道のど真ん中の夏の景色を見ることなんて絶対になかったんだから・・・と私たちは、ふってわいたバス旅行を何とかポジティブに捉えるべく自分を励ました。そういえば、途中の休憩所で食べたソフトクリームは絶品だったっけ・・・。

f0095128_23345349.jpg

 250キロの距離は、フランスの感覚だとせいぜい2時間半なんだけど、何せここは日本・・・休憩を何度も取りながら、結局4時間半ぐらいかかって、もうヘロヘロ状態で稚内駅前に下ろされた時には夜の7時を過ぎていた。民宿「しずや」のお父さんが、車で駅まで迎えに来てくれて宿に到着したのは7時半・・・なんと朝、家を出てからちょうど12時間が経過していた。

 やっぱり稚内って遠かったんだ・・・と思いつつ、でも、心のこもった夕食に迎えられてほっ! 

f0095128_23422372.jpg
 
                いっただきま~す!
[PR]

by maVieestBelle | 2007-09-03 23:52 | 日本の夏


<< ボルドーで夕ご飯  &quo...      Bon week-end ! ... >>