「ほっ」と。キャンペーン
2007年 09月 07日

カルカッソンヌに寄ってみた Une journée à Carcassonne

f0095128_165278.jpg

 カルカッソンヌは、ボルドーからコリウールに向かう途中にある。実は、今回の旅行は、「カルカッソンヌに行かなくっちゃ」というのが発端だった。それに加えて前回は通過しただけだったボルドーと、あとはどこか海辺の街ということでコリウールを選んだというわけ。

f0095128_1691339.gif
「カルカッソンヌを見ずして死ぬな」という台詞、いったいいつどこで耳にしたんだっけ? ここはヨーロッパ最大の城塞都市「シテ」を中心とした町で、中世にタイムスリップしたような感じ。それが証拠に、おもちゃの剣を腰に刺してすっかり中世の騎士気分の子供たちが大勢いた。

f0095128_1623054.jpg

 ラ・シテから下界を眺むれば・・・の図。

 とりあえずはお腹がすいたので、予めチェックしておいたレストランを探す。確かお城の入り口のすぐそばだったけど・・・あっ、ここだ! 雨が降りそうでちょっと寒かったけど、バカンス気分を味わうために、無理やりテラス席に陣取った。

f0095128_16283086.jpg

 アントレのサラダの後に出てきたのはこのスペアリブ。デミグラスソースっぽいこのソースの味付けがちょうどいい感じでお肉も柔らかくなるまで煮込んであった。付け合せはラタトゥイユとポテト。こんな感じの素朴な田舎料理って思わずほっとするあたたかさ・・・。

f0095128_16325586.jpg

 こちらは郷土料理のカスレ、豆料理だ。ほくほくの熱さで、これもまたパンがよく進むおいしさ・・・!

f0095128_16342340.jpg

 ワインは、ここからそう遠くない所で造られているコルビエールのロゼにした。しっかりした味付けの田舎料理に、ちょっと野性味があって辛口のロゼが絶妙のハーモニーを奏でて、またまた至福の時・・・。

f0095128_16371978.jpg

 テーブルに着いたまま右を見るとこんな景色・・・ずーっと様子を見てたら、どうやらこのカメラを構えてる女性はこの子供たちのお母さんのようだった。フランスでは養子をとるのって珍しくないからね。でも、こんなに大勢引き取るなんてすごい・・・彼女のバイタリティに脱帽!

f0095128_1641504.jpg

 誰かの家の庭・・・あのテラスで食事するのって悪くなさそう・・・!


f0095128_16524626.jpg


 食事のあとは、腹ごなしにお城の見学へ・・・。







Auberge de Dame Carcas
3, place du Château
11000 Carcassonne
[PR]

by maVieestBelle | 2007-09-07 17:03 | ラングドック・ルシヨン地方


<< Bon week-end ! ...      ちょっとスペインまで足を延ばしてみた >>