パリの郊外暮らし

ephemere.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 01日

ピエール・ガニエールでお昼ごはん @ Pierre Gagnaire, PARIS

f0095128_21592469.jpg

 ピエール・ガニエールでの昼食に招待される、という幸運が舞い込んだ。10年ぶりだ。3つ星のレストランでなくても、パリには美味しいフランス料理を食べさせてくれるところはたくさんある・・・ただ、この「ハレの日感」というのは独特で・・・たまにはこういうワクワクもいいな・・・と、いつもよりちょっとだけおしゃれをして出かけた。

f0095128_21594578.jpg

 案内されたテーブルは一番奥の角席で、ホールのほぼ全体が見渡せる・・・隣のテーブルで既に食事中盤に差しかかっていたのは、アジア人の青年二人組で、料理が運ばれてくるたびにそれぞれデジカメを手に取っては、無表情な顔で画像に収めていた・・・最初はグルメな日本人青年かと思ったけど、どうやら、超リッチな中国人青年のようだ。

 正面のテーブルでお食事中の初老のカップルは、いかにも居慣れているというか・・・ここでお昼を食べるのが日課だ、と言われたら、あぁ、やっぱり・・・と思ってしまいそうなほど、雰囲気にとけこんでいた。私にとってのこの「非日常」は、彼らにとっては日常なんだろう・・・でも、こういう人がいてくれると、なぜかホッとする・・・。

f0095128_221669.jpg

 メニューには、「今日の昼食メニュー」「冬のメニュー」というデギュスタシオン形式のもの(アントレとメインとで合計7種類ぐらい出てくる)と、その他にはア・ラ・カルトの単品があって、昼食メニューでも充分ボリュームがありそうだったんだけど、せっかく来たんだし・・・と、ちょっと欲張って「冬のメニュー」を頼んでみることにした。

 ワインは、ブルゴーニュ産の白ワインの中でも特にお気に入りの、シャサーニュ・モンラシェのプルミエ・クリュ・・・2004年物だけどどうか? とソムリエに尋ねたら、大変結構です、と言うので、信頼してお願いしたところ・・・繊細で、フルーティで、しっかりしていて、上品で・・・大満足の白ワインだった。

f0095128_220539.jpg

 実は、これはもう、4つ目のアントレ・・・まず最初には、カモのフォワ・グラとうなぎのスモーク等々、次にアーティチョークと大きな牡蠣等々、3つめはホタテ貝とキャベツのスープとイクラ等々が出てきた。食事の雰囲気を壊したくないので、デジカメを出すのをためらっていたのだ。

 4つめのこれは、グリーン・アスパラの芽と、確かその下にはウニと、横には小さなイカのファルシで、詰め物は魚の肝だった。

f0095128_2202655.jpg

 たぶん、ここからがメイン・・・まぁ、そう厳密に言う必要はないのかも知れないけど・・・スズキのポシェ、ローリエ風味にアボガド、マッシュルーム、ラングスティンヌに、グレープフルーツの果汁、オリーブオイル( Santa tea 産)にハチミツ・・・とのこと。

f0095128_2212984.jpg

 この白ワインでずっと通したので、ひょっとして、これから先のお料理はちょっと変えてもらえばよかったかも知れない・・・苦手なものがあったら言ってください、と言われていたのだから・・・。それにしても、日本風の味付けがやたらとあちこちに感じられた。ガニエールは日本にもお店を出しているし、しょっちゅう日本へも行っている・・・予想はしていたものの、ここまでとは思わず、ちょっとびっくりした。フランス人にとっては、確かに新鮮な味わいかも知れないけど、私たちにとってはちょっと「Déjà vu」的な感じ・・・。

f0095128_221365.jpg

 次に出てきたのは、オニオン・グラタンのビート風味、カブの蒸し煮、ホウレンソウのヴルーテにカーマインの真っ赤なアイスクリーム・・・ビート(Betterave) が好きでなかったので、最初にメニューをもっと吟味して、これじゃないものをお願いすればよかった・・・だいたいからして、白ワインに全然合わなかったので、ちょっと興醒めしてしまった感じ。

f0095128_2215872.jpg

 でも、その感じはこのメインの「和牛」で頂点に達した・・・南仏の赤ワイン、コート・デュ・ローヌでとろとろと煮込んだというこの WAGYU は、柔らかくてそれはもう絶品だったんだけど・・・ワインの澱まで足してあるというこのソースと、ブルゴーニュの繊細な白ワインの組み合わせは、全てを台無しにしてしまった・・・!!!

 どうして、肉料理の前に、グラスで赤ワインを勧めに来てくれなかったんだろう・・・最低限の心遣いというか・・・3つ星を誇る一流レストランのサービスにしてはあまりにお粗末だと思い、ちょっと憤慨した・・・やっぱり、お昼ごはんだったのがいけなかったのか、単なる教育不足か・・・にこにこと愛想はいいけど、重さがないというか・・・ちょっとがっかり・・・。

 デザート編につづく・・・
[PR]

by maVieestBelle | 2008-04-01 23:15 | パリの景色


<< ピエール・ガニエールでお昼のデ...      パリ7区の美味しいイタリアン ... >>