カテゴリ:アルザス地方( 21 )


2008年 03月 28日

農場でお昼ごはん @ Le Hohwald, ALSACE

f0095128_19503940.jpg

 オー・クニグスブール城には見事にフラれてしまった・・・小雨が降っていて視界も悪いので、もうこれ以上風光明媚を追求する気にもなれない・・・そういう時には、もう、美味しいものを食べるっきゃないでしょ!・・・という結論に即、達し、またまた緑のミシュランガイドと首っ引きに・・・。

f0095128_19512168.jpg

 あ、これなんか面白そう・・・と思ったのが、この農場直営レストラン。ここでは、農場で育てられた牛肉( Bovin 種)や、チーズなど、安心して食べられるものだけが出されるという。

 よし、ここにしよう!と決まったはいいけど、山ん中のレストラン探しというのはこれまた厄介で・・・本来なら道の始めに「何通り」という表示があるので、あとは該当する番地を探せばいいんだけど・・・そ~んな街のルールが通用するわけもなく・・・ほとんどまるで奇跡のようにこの看板が目に入ったときは、「やった!」と思わずこぶしを握りしめた。(←ちょっと大袈裟)

f0095128_19521185.jpg

 まだ12時ちょっと前ということもあって、レストランの中にひと気はなく・・・だいたい、こんな山奥だし、ホントに営業してるんだろうか・・・と、おそるおそるドアを開けてみると・・・2才ぐらいの女の子が出てきた(というかたまたまそこで遊んでた)。あのぉ・・・あなたってここの子?・・・そう、じゃ、お母さんに「お昼ごはん食べれますか?」って聞いてきてくれる?・・・あ、大丈夫だって?・・・というやり取りの後、ようやく女の子のお母さんが出てきて、テーブルに案内してくれた。写真向かって一番右のスペースだ。

f0095128_19524533.jpg

 窓からの景色に感激する・・・おお、確かに農場のようだ・・・!

f0095128_19532585.jpg

 えっ、まさか、あのアヒルを食べるなんてことはないよね・・・

f0095128_19535077.jpg

 お、いるいる、地鶏・・・その向こうでは、黒ヤギの親子が散歩中・・・

f0095128_19543111.jpg

 まず、最初に出てきたスープに驚いた・・・学食かなんかで使っていそうなステンレス製の入れ物に入っていたのは、まるで具のない超シンプルなコンソメスープ・・・たま~に野菜かすに出会うぐらい・・・味も極めて薄い・・・でも、色んな野菜をぐつぐつと煮込んだエキスだけで、塩も殆ど加えていない、と確信できるホント~に身体によさそうなやさしい味だった。フランスの田舎の食生活を垣間見たような気がして、なぜかちょっとわくわくした。

 メインの牛肉の煮込みも、薄味で、「お肉の味」が感じられて、やっぱりやさしかった。添えてあった野菜も、野菜本来の味がする。いかなる香辛料にもソースにも頼らない味わいに、心からほっとして、ほのぼのとした気分に・・・あぁ、こういう食生活をしていたら、病気にもならないだろうな~と実感。

f0095128_1956533.jpg

お土産に、農場で作ったチーズを2種類包んでもらって、幸せな気分でレストランを後にした。お値段も非常に良心的・・・帰る頃にはもうほぼ満員になっていたのにはびっくり・・・というか、食べてみて納得。今、思い出しても懐かしい、心あたたまる素朴な味だった。

f0095128_19575082.jpg




Ferme-Auberge de
Lindenhof
11, route du Kreuzweg
67140 Le Hohwald
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-28 20:35 | アルザス地方
2008年 03月 27日

オー・クニグスブール城 Château du Haut-Koenigsbourg

f0095128_23203257.jpg

 アルザス地方エギスアイムからの帰り道、ちょっと時間があったのでどこへ行こうかと緑のミシュランガイドを眺めていると・・・名所・風光明媚マークのついたある場所が目についた。前に dsfszi さんのブログで見たことのある、オー・クニグスブール城だ。

 アルザスを車で走っていると、あちらこちらの丘の上に、城がそびえ立っているのが見えて、あぁ、あっちにもこっちにも自分の勢力を示したい人がいたんだなぁ・・・と、思わずクスッと笑みがもれてしまう。もちろん、本人たちは大真面目だったに違いないけど・・・!

f0095128_23212340.jpg

 さて、ここが入り口です・・・と、待てよ。なにやら立ち入り禁止のテープが張ってあるような・・・でも、中には人がいるし・・・で、そこに立ちはだかっている係の人らしきお姉さんに尋ねてみたところ・・・昨日の強風で、瓦がたくさん落下していて危険なので、今日は臨時休業だというではないか・・・そういえば、確かにストラスブールでも、上から落ちてきた赤いレンガの瓦を掃除している人がいたっけ・・・あぁ、なんてこと・・・せっかくここまで来たのに・・・!

f0095128_23214685.jpg

 ま、縁がなかったってことで・・・気を取り直して、周りの景色に目をやると・・・雲の切れ間から差す光がまるでこの世と天をつなぐ架け橋のようになっていた・・・。

f0095128_23222177.jpg

 もっとお天気がよかったら、すご~くきれいだっただろうな・・・。

f0095128_23224922.jpg

 あ~あ・・・登ってみたかったなぁ・・・「逃がしたサカナ」への未練たらたらで次の目的地へと向かうことにした。
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-27 23:48 | アルザス地方
2008年 03月 26日

ストウブの鍋の里をたずねて @ Turckheim, ALSACE

f0095128_014461.jpg

 ちょっと前の、アルザスに行ったときの話・・・ストラスブールからエギスアイムに向かう途中に、どうしても寄りたいところがあった・・・それが、チュルクアイム。

f0095128_0142637.jpg

 理由は簡単・・・かれこれ16年以上愛用しているホーロー鍋、ストウブの工場がここにあるのだ。それを知ったのは、日本から遊びに来ていた友人の dsfszi さんのブログにて・・・日本から来る人の方が、現地にいる私たちよりも詳しい情報を持っている、というのは今に始まった話じゃないんだけど、それにしてもつくづく感心・・・!

 ちなみに、私のは左に写っているような黒色で、取っ手も黒。これまでに一体、何十回またはそれ以上の回数、我が家のカレーを煮込んできたことだろう・・・! この鍋で作ると、コトコトと煮込んだ牛肉の柔らかさはもちろんのこと、ジャガイモの角がしっかりピン!としたまま、ほくほくの状態に出来上がるのでとっても重宝している。

f0095128_0145549.jpg

 これを機会に、今のよりもう少しだけ小さいものを・・・と、探すけど迷う迷う・・・! この若草色も、とても珍しいのでかなり惹かれたっけ・・・。

f0095128_0152050.jpg

 ここで軽く一時間は至福の時を過ごしたような気がする。結局、明るいコバルトブルーで、取っ手も同色のものに決定! 今ではすっかり我が家の一員として日々活躍中だ。

f0095128_0154122.jpg

 右側が工場で、すぐ横に隣接しているのがブティック。ちなみに値段はそれほど安くなっていない・・・たぶん、デパートのバーゲンで買ったほうがはるかにお得・・・ただ、ここにはデパートでは見かけないレア物があって(特に色)・・・やっぱり、それが魅力かなぁ・・・!

f0095128_016444.jpg
ここで、はじめて
ストウブのトレードマークが
コウノトリだったことに気付いた!

Staub
2, rue Saint Gilles
68230 Turckheim
(日曜定休)
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-26 00:46 | アルザス地方
2008年 03月 14日

エギスアイム散歩 其の四 @ Eguisheim, ALSACE

f0095128_1932013.jpg

 朝、鳥の鳴き声で目が覚める・・・他には何も聞こえない・・・あぁ、ここに来てよかった。

f0095128_1935070.jpg

 晴れわたった空・・・は、どうも期待できそうにないけど・・・雨が降っていないだけでもありがたや、ありがたや・・・ホテルの朝ごはんは、バゲットもミニ・クロワッサンも、ミニ・パン・オ・ショコラもとっても美味しかった・・・カフェ・オ・レもちょうどいい苦味なのがうれしい。

f0095128_19113041.jpg

 ホテルはこの左に見える、ペパーミントグリーンの建物。たまたまサイトで見つけて予約したんだけど、49ユーロという安さと、2つ星というのを嬉しく裏切ってくれる心地良さだった。改装したての部屋はきれいで、バスタブも大きいし、テレビもあるし・・・なんでここが3つ星じゃないのかが不思議・・・。

 朝食の後、早々とチェックアウトしてお気に入りのワインメーカーに向かう途中・・・
f0095128_19232225.jpg

 むむ・・・昨日の広場とはどこか雰囲気が違う・・・あぁ、あんなところに・・・!!

f0095128_19264558.jpg

 い~た~~~!!!

f0095128_19274443.jpg

 ここは、昨日見たとんがった教会じゃなくて、お城前広場の小さなお城の屋根の上・・・昨日もさんざんここで写真を撮ったっていうのに、全然気付かなかった・・・

f0095128_19282884.jpg

 コウノトリって、あんなに首柔らかいんだ~!

f0095128_19323854.jpg

 ひとしきり、感動に震えながら(?)コウノトリの姿を仰いだ後・・・

f0095128_19341854.jpg

 ようやく、ワインの試飲をしにお馴染みのワインメーカーへ行ってみたら、パリのワイン・サロンでもいつも会う働き者の奥さんブリジッドが気持ちよく迎えてくれた。(サロンの様子と前回のエギスアイムに関してはこちら

f0095128_19412723.jpg

前にサロンで撮ったご夫婦の画像を送ってあげたところ、大層気に入ってもらえたのか、彼らのサイトに使っているとのこと・・・嬉しいことだ・・・早速チェックしてみなくっちゃ・・・!
( Domaine Charles BAUR ←私の撮った写真、発見! )

f0095128_2003964.gif
f0095128_19385086.gif



                            ← 前述のストラスブール







← エギスアイムはここ!

                                
                                (またしてもフランス観光局より拝借、深謝)
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-14 19:48 | アルザス地方
2008年 03月 14日

エギスアイム散歩 其の参 @ Eguisheim, ALSACE

f0095128_041845.jpg

 フランスのガイドブックに載っていた、この村でお薦めのパン屋さん(兼ケーキ屋さん兼サロン・ドゥ・テ)を、いともたやすく探し当てた。(ホントに小さな村なので・・・)

f0095128_063920.jpg

 ふと目についたのが、このジャム類・・・アルザス・ワインに使われているぶどう品種がそれぞれジャムになってる~! ワインになるとバラの花の香りのするゲヴュルツトラミネールは、ジャムだと一体どんな味なのか、興味津々・・・その他にも、ピノ・ブランなどなど合計3つほど買って帰った。

f0095128_0112562.jpg

 え、なに、これ? アンプール入りのオー・ドゥ・ヴィー(アンプールって、注射液なんかが入ってるガラスの、ほら、何て言うんだっけ・・・! 手元に仏和辞典がない・・・ 要は先をパシって折って中身を出して飲むようになっている、一回分だけのリキュール・・・アルコール度数は40度ぐらいとかなり強い。)・・・個人的には、アルザスのオー・ドゥ・ヴィーではポワール・ウィリアムス(洋ナシの一種)がダントツに香りがいいと思う。

f0095128_0175969.jpg

 このパティスリーのすぐ横にある小さな広場から女の子の声が・・・!

f0095128_0183034.jpg

 どうやら一人遊びに興じている様子・・・

f0095128_019051.jpg

 それもかなり長い間ひとりぼっちだったんだけど、結局どうしたんだろ、あの子・・・。

f0095128_0193491.jpg

 広場に面した3軒は個性的なシルエットだけど、アンテナどうにかならないのかな~。まだ、ケーブルテレビはここまで来ていないのだろうか・・・そうかも・・・みんなわりと保守的だし・・・。

f0095128_020883.jpg

 アルザス名物のこのブレッツェルも買ってみた、プレーンなやつ・・・大粒の塩がかかってて・・・まぁ、お腹がすいていたらありがたく食べるかも・・・バターを一切使っていないので、とってもさっぱりしていて・・・とっても健康的なおやつだと思う。
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-14 00:28 | アルザス地方
2008年 03月 11日

エギスアイム散歩 其の弐 @ Eguisheim, ALSACE

f0095128_2363590.jpg

 村のあちらこちらで噴水を見かけた。

f0095128_2372352.jpg

 これは中心広場・・・

f0095128_23362312.jpg

 アングルを変えてみるとこんな感じ・・・

f0095128_2383626.jpg

 ここは村のちょっとはずれ・・・といっても、中心広場から5分と離れていないんだけど・・・それほどこじんまりとした村なのだ。
 
f0095128_2313952.jpg

 反対のアングルから見たところ・・・向こうに真っ直ぐ行くと村の中心。

f0095128_23182812.jpg

 さて、と・・・気になるコウノトリの動向は、というと・・・

f0095128_2320587.jpg

 おおお・・・! あのシルエット・・・! 間違いない・・・! (かなりデカい!)

f0095128_23205641.jpg

 あぁ、なんて高貴なんだろう・・・!(←すっかりファン)

f0095128_2323189.jpg

 夕方になったので、どこからか帰ってきたんだろう・・・

f0095128_2324411.jpg

 おやすみ・・・! (明日の朝もいるかなぁ、いてほしいなぁ・・・)
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-11 23:28 | アルザス地方
2008年 03月 10日

エギスアイム散歩 @ Eguisheim, ALSACE

f0095128_22592670.jpg

 ストラスブールからコルマールを通過して、合計で100キロぐらい南下したあたりから、アルザスワイン街道というワイン生産地に差しかかる。ここ、エギスアイムもそのうちのひとつで、数年前に初めて訪れてすっかり気に入ってしまった。

f0095128_22595970.jpg

 村の中心にある place du Château ・・・どうやら、あの真ん中の小さいのがお城のようである。(左はホテルで、右のピンク色のは教会)

f0095128_2303316.jpg

 そして、この広場に面したレストラン Caveau d'Eguisheim は、乳のみ豚など豚料理のとって~も美味しいお店なんだけど、今回は冬休み中でお休みだった・・・残念!

f0095128_231559.jpg

 石畳の散歩道・・・

f0095128_2313718.jpg

 ここを歩いていると、確か10分もしないうちに村を1周してしまう・・・。

f0095128_232831.jpg

 この地図を見てもわかるように、お城を中心にぐるぐると張り巡らされた道・・・

f0095128_2334355.jpg

 ここを散歩するのがこの村での楽しみのひとつ・・・

f0095128_2341284.jpg

 「ソシソン(サラミのようなソーセージ)のお味見はいかがですか?」 と、明るく声をかけられた。魅力だったけど、これから夕食だったので、「それは結構なんですけど、一枚撮らせていただけますか?」と聞いてみたら、快諾してくれた。

f0095128_2345321.jpg

 アルザスの人って、みんな愛想がよくて、ちょっと素朴で、とても感じがいい・・・。
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-10 23:21 | アルザス地方
2008年 03月 08日

Bon week-end !! @ Eguisheim

f0095128_126544.jpg

 エギスアイム村にて・・・コウノトリに遭遇!!

f0095128_1272589.jpg

 皆々様、よい週末を・・・!!
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-08 01:29 | アルザス地方
2008年 03月 07日

ストラスブールのノートルダム大聖堂 続 @ Strasbourg

f0095128_18391822.jpg

 カテドラル(大聖堂)前の広場、place de la Cathédrale・・・

f0095128_18395392.jpg

 正面から撮ろうと思っても、大きすぎて・・・!

f0095128_18411983.jpg

 入り口から真上を仰ぐ・・・

f0095128_184148100.jpg

 その、あまりのツリ目加減に思わずひく・・・じゃなくて、シャッターを押す。

f0095128_18422946.jpg

 前回来たときには、まず最初にここのテラスでストラスブールの生ビールを飲んだっけ・・・! 今日はたぶん強風のためにテラスはオープンしていないんだろう。

f0095128_1843092.jpg

 ここには、パリとは全然違ったフランスがある・・・昔は、「メルヘン」とか「おとぎ話のよう」という形容詞のせいでずーっと敬遠していたアルザス地方だったけど、来てみたらそこはとても居心地のいいフランスだった。ドイツ人気質が影響しているせいだろう。みんな働き者だし、きちんとしてるし、愛想もいいし・・・その上、食べ物が美味しくて、ワインも・・・! というわけで、今ではすっかり私のお気に入りの地である。もうちょっと近かったらもっといいんだけど・・・。

f0095128_18434059.jpg

 残念ながら、ストラスブール散策はこれで終わり・・・でも、この後はエギスアイムに向かう・・・コウノトリとの出会いを密かに期待しながら・・・。

f0095128_1819638.gif


          フランス観光局のサイトより借用 →
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-07 19:25 | アルザス地方
2008年 03月 06日

ストラスブールのノートルダム大聖堂 @ Strasbourg

f0095128_19235616.jpg

 教会の中なので、静かに見学・・・

f0095128_19245091.jpg

 あちらこちら、修復中・・・ステンドグラスもところどころ・・・

f0095128_1926832.jpg

 自然光のあかるさ・・・

f0095128_19264639.jpg

 バラ窓・・・

f0095128_1927213.jpg

 仁王立ちになって、天井を仰ぐ・・・

f0095128_1927543.jpg

 赤が基調・・・

f0095128_19283870.jpg

 ちなみにこのキャンドル、大が2ユーロで、小が1ユーロ。

f0095128_19294517.jpg

 からくり時計のある一角・・・

f0095128_19302119.jpg

 1年半前に来たときには、この仕掛けが動く時間に見に来たけど、今年は・・・もういい。

f0095128_1931520.jpg

 天井も凝ってる・・・

f0095128_19313154.jpg

 祈る・・・

f0095128_19315785.jpg

 イベントのお知らせ・・・そうか、もうすぐ復活祭だ・・・。
[PR]

by maVieestBelle | 2008-03-06 19:45 | アルザス地方