パリの郊外暮らし

ephemere.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々のあれこれ( 33 )


2009年 01月 13日

新年早々の不運 @ Rueil Malmaison (92)

f0095128_4194191.jpg

 つい昨日まで残ってた・・・じゅんぺいの部屋の屋根に積もった雪・・・一週間続いた零下の日々・・・昨日から日中の気温が4度になって・・・暖かい・・・と感じるこの不思議・・・。

 この極寒の時期を無事に過ごしたいと切に願ってたけど、じゅんぺいは見事に風邪をひき(週末を家で過ごすことでなんとかクリア)・・・かくいう私は・・・金曜の晩、マイナス3度にも拘らず果敢に出かけて行ったテニスで・・・un accident ・・・!!

 あぁ・・・3~4年前にも反対の足のふくらはぎをやられていたというのに・・・一瞬の油断が命取りとなってしまった・・・10才以上年下の元気な男子と打ち合っていて、クロスに浅い球が来たところをがっ!と拾いにいった・・・その球を返した手ごたえと同時に、右ふくらはぎにもパシッ!と不吉な足ごたえ(?)・・・そう、あの筋肉の切れる感じ・・・わぁ、肉離れ~!!

 肉離れはすぐに冷やすのが大切・・・前回は、氷をもらい靴を脱いでその場で冷やしていたら・・・その後、さて帰ろうとした時には、痛過ぎてもう靴は履けないわ、足は地面に付くことさえできない・・・という状態になってしまったことを思い出して・・・即座に「私、帰るっ!」と荷物をまとめて家路を急いだ・・・車はオートマじゃないので、前回はクラッチを踏むだけで地獄の痛さ・・・今回は不幸中の幸いで右足だったので、ほとんど痛みもなく帰れた・・・駐車場から家までの数百メートルはよろよろ、ひょこひょこ・・・いつもの何倍もの時間がかかったけど、足を付けることができたので助かった。

 肉離れ直後のお風呂は厳禁・・・ひたすら「冷えピタ」で冷やして冷やして冷やしまくった。

 アラフォーを過ぎた頃から冬のテニスで肉離れをする人がぐん!と増えるとのこと・・・まだまだ寒いので、該当者のみなさまはくれぐれもお気を付けください・・・! これでもかっ!というぐらい、アキレス腱だけじゃなくふくらはぎの筋も伸ばしてくださいねっ。

 家の中での移動はほぼ問題なくなったけど・・・そろそろ買出しに行かないと・・・。
[PR]

by maVieestBelle | 2009-01-13 20:47 | 日々のあれこれ
2008年 12月 05日

我が家のクリスマス支度 @ Chez nous

f0095128_19283678.jpg

 やっぱりクリスマスのデコレーションは省けない、と悟ったので、一年ぶりにまたまた奥からクリスマスグッズ箱を出してきた・・・うちの主役はやっぱりこの木の人形かな・・・じゅんぺいが生まれた時に当時パリ在住だった中高時代の同級生がプレゼントしてくれた思い出の品・・・彼女は外交官の娘で、在学中にもアメリカに数年移住したりしてたけど・・・本人も大学を卒業して早々に外交官の妻となり・・・数年間パリでご近所に住んでいたことがあって・・・大使館のお手伝いや家でのおもてなしなどで毎日忙しく暮らしていたっけ・・・まさに彼女は外交官の妻の鏡・・・当時幼稚園に通っていたお嬢さんも今では立派な社会人になっているらしい・・・。

f0095128_19292379.jpg

 コーナー全景・・・

f0095128_1930742.jpg

 数年前にうちの近くで買った陶製の天使・・・買った直後にじゅんぺいが大理石の上に落として、泣く泣くアロンアロファで修復・・・といういわく付き・・・(当時はそういうのしょっちゅうだった)

f0095128_19303533.jpg

 ちなみに右側の部分は常設展・・・

f0095128_1932416.jpg

 これは日本から20年前に持ってきた小皿4枚セットのうちの1枚・・・

f0095128_19325866.jpg

 その昔、東京で総合商社のOLをしていた頃・・・会社のテニス部で知り合った後輩が、わたしが一足先に退社する際に贈ってくれたこれまた思い出の品・・・そういえば彼女は社長室で秘書をしていたんだっけ・・・

f0095128_19331799.jpg

 彼女とはそれ以来ほぼ音信不通になっているけど・・・

f0095128_19333569.jpg

 すっごくいい子だったので、きっとどこかで幸せに暮らしているに違いない・・・

f0095128_19305841.jpg

 さてと・・・じゅんぺいからのプレゼントのリクエストは、「綿入れ半纏」か「こたつ」だって・・・

 どっちもフランスには売ってないんだけど~!!
[PR]

by maVieestBelle | 2008-12-05 19:56 | 日々のあれこれ
2008年 04月 15日

今度はベイクド・チーズケーキ・・・

f0095128_22292235.jpg

 今度はチーズスフレじゃなくってオーブンで焼くベイクド・チーズケーキに挑戦してみた・・・全ての材料を一度にミキサーでガーッっとやって焼くだけ、という極めてシンプルなレシピを日本にいる母から伝授されていたのだ。

 でも、火加減がホントに難しくって(フランスのオーブンは1,2,3という目盛り式で、一般的にひと目盛りが30度と言われているんだけど、それを真に受けるといつも焦がしてしまう・・・)、極力低めの設定で焼き時間も気持ち短めにしてみたけど、やっぱり焦げ気味になってしまった・・・あぁ・・・一度でいいから快心の成功作、つくりた~い・・・!
[PR]

by maVieestBelle | 2008-04-15 22:40 | 日々のあれこれ
2008年 04月 10日

炊飯器で作るチーズスフレ Soufflet au fromage "sucré"

f0095128_1783658.jpg


 フランスでは、チーズケーキ及びチーズスフレが市民権を得ていない・・・もちろんフランスはチーズ大国・・・チーズ屋さんの片隅に真っ黒に焦げたケーキのようなものがあって、その外側を全部捨てて中身だけを食べるという形式の、とっても濃~いチーズケーキもどきはある・・・が、しつこくてすぐに飽きてしまい、2度買いたいとは思えないシロモノ・・・! (たぶん、あれはチーズがメインでケーキではない) ましてや、パン屋さんケーキ屋さんでチーズケーキにお目にかかることはほとんどない。

 という訳で、日本滞在中にスタバのチーズスフレに目覚めてしまったじゅんぺいのために、ネットで色々探してみて、フランスで入手できる材料を使って試行錯誤を繰り返した結果を披露してみようと思う。(ちなみに我が家の炊飯器は5合炊き)

<材料>
クリームチーズ(マスカルポーネ) 250g (フィラデルフィアよりかなり柔らかい)
生クリーム(カップ入り)       200g (液体状のでもいいけど焼き時間が増えるかも)
砂糖                    30g (卵の白身と一緒に泡立てる用)
                    50g (生地に加える分。甘さはかなり控えめ)
卵                   3個
小麦粉               70g (固めの仕上がりにしたい時は10g増やす)
バター               10gぐらいを電子レンジで溶かす
レモン               大さじ2

<作り方>
ボールにクリームチーズを入れ、砂糖50gを加えて泡立て器ですりまぜる。(結構力がいる)
溶かしバターを加える。
卵3個分の黄身を加える。
生クリーム200gを加える。(できればダイエットのことは忘れて乳脂肪分30%を使用)
小麦粉70gを加える。
レモン汁大匙2杯を加える。

別のボールで、卵の白身3個分に砂糖30gを加えて、ピンと角が立つぐらいまで泡立てておき(メレンゲ)、最後に加える。(電動泡立て器使用推奨)
泡をつぶさないようにしながら、ゴムべらを使ってさっくりと生地に混ぜ込む。

炊飯器の内側にふんだんにバターを塗る。(こんがりといい焦げ色になる←画像参照)

炊飯器に流し込み、スイッチを入れる。(白米炊飯)

30分ほどしてスイッチが切れたらまず覗いてみる。
たぶん、まだ泡状態なので、もう一度スイッチを入れる。
これを3~4回繰り返す。(我が家の場合は4回)
(スイッチが切れた直後は、すぐにスイッチが入らないことがあるので、そういう場合はしばらく炊飯器をさましてから再トライする。)

3回目か4回目に、竹串を刺してみて、液体っぽいものがくっつかなくなったら出来上がり。
少しさましてから、大皿に逆さにとって、冷蔵庫で冷やす。

 なぜ、クリームチーズがマスカルポーネなのかというと、日本ではポピュラーなフィラデルフィアのチーズが入手困難なため・・・地元のスーパー Monoprix にはマスカルポーネしか置いてないのだ。もちろんパリの老舗デパート、ボン・マルシェの食品館、グランド・エピスリーには売ってたけど、お値段は約2倍だった。(マルカルポーネは3ユーロ弱)

 炊飯が4ラウンドなので、2時間ぐらいかかってしまうけど、絶対に焦げない、失敗がない、という点で非常に安心して作れるのがいい・・・(オーブンでは何度も焦がして泣いた)

 じゅんぺいの目下の夢は、このチーズスフレを「大人食い」すること・・・


 是非是非、お試しあれ・・・!


 (ベークド・チーズケーキとチーズスフレの違いを調べてみたところ・・・メレンゲが入ってふわふわ感のあるものはチーズスフレであることを確認・・・そっか、そうだったんだ・・・。)

 
[PR]

by maVieestBelle | 2008-04-10 17:36 | 日々のあれこれ
2008年 02月 15日

ひそかに見守っているのは・・・ 

f0095128_23284278.jpg

 私の住んでいるアパートの中庭・・・というか、厳密に言うと隣の中庭・・・に、一本の白樺の木がある。何年か前に、じゅんぺいのアレルギー性鼻炎のテストをしてもらったら「白樺アレルギー!」・・・と出たので、なんて迷惑な!と思ったものの、手の出しようがないまま今に至っている。しかし、この白樺の木に、数年前から山バト(たぶん)のお客さんが訪れるようになった。確か、秋ごろにやって来て、せっせと巣作り・・・そしてこの時期になると、この通り・・・。

f0095128_2329894.jpg

 落ち着かなげにバサバサと羽音をたてて、うろうろ、行ったり来たり・・・あの巣の中にはきっと白くてわりと大きめのタマゴがあるんだろうなぁ・・・と、想像するだけでわくわくする。

f0095128_2330326.jpg

 それにしても、ホントに仲がいい・・・口の中のおそうじをしてもらってるところ・・・?

f0095128_23302689.jpg

 これは、ごくフツーのハト見学中・・・全然小さいし、足がピンク・・・よく街で見かけるやつ。

f0095128_23305786.jpg

 私はこうして、ここからこっそりと様子を伺っているのであった・・・。


 今週も、めでたく週末の到来~。 Bon week-end ! ! (寒いけど・・・)
[PR]

by maVieestBelle | 2008-02-15 23:53 | 日々のあれこれ
2007年 11月 26日

なかなかの予感・・・ "test, test ..."

f0095128_21585682.jpg

 うちの窓からも見える、クリスマスのイルミネーション・・・もう既に一週間前からスタンバイOK状態だけど、実際に灯りがともるのは12月の1日かな・・・。

 手ブレ防止付きの望遠レンズで試し撮りしてみた。ずっしりと重い・・・。

f0095128_2159319.jpg

 寒くて外出する気にならなかったので、室内でカシャ・・・前よりも心なしか色がリアルだ。っていうか、質感がホンモノを超えているように見えるんだけど・・・!?

f0095128_2159554.jpg

 そうか、レンズの力ってやっぱり凄いんだな・・・と、たった数枚で実感・・・。

 さぁ~て、来週末こそは寒さにくじけないで外出するぞ~。パリのイルミネーションが私を待っている・・・。
[PR]

by maVieestBelle | 2007-11-26 22:07 | 日々のあれこれ
2006年 12月 15日

ちょっとニュース・・・?!

f0095128_18211546.jpg

 号外、号外・・・!

 昨日、毎日新聞のWEB版に「イルミネーションの画像を送ってください」っていうのを発見。

 ・・・で、ここを見てください。

 あ、ここも・・・!

 他に投稿する人がいないのか、送った2枚が翌日に即UPされててびっくり・・・!!
[PR]

by maVieestBelle | 2006-12-15 18:23 | 日々のあれこれ
2006年 10月 17日

号外! 号外~!

f0095128_1904275.jpg

 このエギスハイム(アルザス地方)の景色とは、何の関係もないニュース・・・!

 今週末の10月22日の日曜日の夜11時から、TBSの「情熱大陸」という番組で、自慢の後輩(!)、パリの1つ星レストランでシェフ・パティシエをやっている長江桂子さんの特集をやるそうなので、是非是非ご覧になってくださいな(リンク↑に写真付き記事あり)。彼女はトロワグロの秘蔵っ子で、「トロワグロでの食事」でもちょっとふれたが、彼曰く、「短期間で驚くべき上達をした逸材」らしい・・・。

 私が彼女と出会ったのは1999年、パリで毎年行われている出身校の同窓会にて・・・。当時の彼女は、確かコルドン・ブルーを卒業した後、「ラデュレで菓子職人」(これは彼女が自分で書いた自分の職業名)をしていて、同窓会には自分で作ったホールのケーキを3つも4つも持ち込んでくれた。どれもすっごく美味しかった~! 毎朝6時にはラデュレに着いてるんですよ~、と言いながら、目はまっすぐ前を向いている・・・明るくってやる気に満ちていておおらかで・・・その時からなんとなく将来の可能性を感じさせるお嬢さんだった。

 その後は、ピエール・ガニエールのロンドン店、そして戻ってからもホテル・ムーリスと、名だたるレストランでキャリアを重ねて、今いる1つ☆のランカスター(トロワグロが監修)でもシェフ・パティシエとして活躍しているのだから、これはもう日本人女性としては大快挙なのでは・・・?!

 詳しいことは番組で語られるだろうから、この辺にしておこうっと。

 ちなみに、彼女が働いているレストラン、ラ・ターブル・デュ・ランカスター (La Table du Lancaster) には去年行ってみたけど、彼女が考えたというライチを使ったデザートは逸品! 他のどれよりもお食事からの流れに合っていて、且つとても繊細・・・というのが私の印象だ。

 そんな、将来性溢れる桂子さんの仕事ぶりが見れると思うと今から楽しみ・・・!

f0095128_1965511.jpg






La Table du Lancaster
7, rue de Berri
75008 Paris
[PR]

by maVieestBelle | 2006-10-17 19:13 | 日々のあれこれ
2006年 08月 28日

日本→フランス、そしてまず最初に・・・

f0095128_18175532.jpg

 フランスに戻って、まず食べたかったのは美味しいパン! 日本にいる3週間のあいだはモチロン美味しいお米や麺類を食べまくっていたので、そろそろパンが恋しくなってくる頃だ。

 で、早速お昼ごほんを食べに出かけたは、車でベルサイユ方面に10分ほど行ったところにある大きなショッピングセンター内のPAUL。お昼のセットを頼んで、歯ごたえのある4種類のパンに舌鼓。やっぱり、この乾燥した気候にパンはよく合う・・・。PAULでの最近のお気に入りは、6種類ほどあるプティ・パンで、クルミ入り、白ゴマ、黒ゴマ風、ベーコン入り、オリーブ入りにナチュールと、どれもおいしくて、食卓にこれらが加わると家での食事が確実にワンランクアップ!

f0095128_18164164.jpg

 さて、デザートは・・・久々にマカロン。ピスタッシュ味(ピスタチオ)がいいな。でも、この色って日本だとお抹茶だよな~・・・あ、抹茶マカロンって悪くないかも。パティスリー・アオキでやってそう・・・?!

f0095128_18172759.jpg

            エスプレッソのカップよりも大きいマカロン・・・!


f0095128_18192162.jpg





PAUL
Centre Commerciale de Parly II
[PR]

by maVieestBelle | 2006-08-28 18:42 | 日々のあれこれ
2006年 07月 06日

フランスはもう大騒ぎ!

f0095128_18225610.jpg

 ブラジルに勝った前回もかなりのものだったが、ポルトガルに勝って決勝進出を決めた昨日の晩も、ものすごい騒ぎ・・・! 試合終了の瞬間から、大小さまざまなフランス国旗を持った人々が、そこらじゅうで狂喜乱舞状態。窓の下では、道行く車を一台ずつ止めては、乗っている人と握手する人々・・・その中には、じゅんぺいの友達の姿も・・・!

f0095128_18231848.jpg

 車から乗り出すなんていうのはほんの序の口で、

f0095128_18233737.jpg

 えんえんと続くこれらの車がそれぞれにクラクションを鳴らしっぱなし状態・・・どれだけすごい騒音になっているかは、ご想像にまかせます。これが、夜中の1時、2時まで続くんだから、もう、まったく・・・!

 とはいえ、やっぱりフランスが頑張ってるのはとってもうれしい。ジダンが有終の美を飾ろうとしているのを、みんなが一丸となってフォローしてるっていうか・・・。彼はホントにみんなから尊敬され、慕われてきたからなぁ・・・日曜の晩の対イタリアの決勝戦は、それこそ今まで以上に超盛り上がりそう・・・8年前の夢よもう一度!
[PR]

by maVieestBelle | 2006-07-06 18:53 | 日々のあれこれ