パリの郊外暮らし

ephemere.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

Bonne Année 2010 ! ! !  (もうすぐ編)

f0095128_21491758.jpg

 もうすぐ新しい年がやってくる・・・日本のほうが8時間先だけど・・・ 

f0095128_2149592.jpg

 みなみなさま、よいお年をお迎えくださいね~。
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-31 22:09 | パリの郊外 
2009年 12月 26日

クリスマス無事終了 @ St.Germain-en-Laye (78)

f0095128_17304421.jpg

 あ~、やっと終わったクリスマス・・・ こういう大きな行事ははっきり言ってあまり得意じゃないというか・・・ 決められた日の義務的なお祭りっていう感じでどうもなじめない(忘年会、のほうがいいな)・・・ 前にも書いたような気がするけど、オーガナイズする側になってからは昔ほどのわくわく感もないし・・・ ま、車で行ってたから殆ど飲めなかった、っていうのも大きいけど・・・ あとは、根幹となる「キリストの誕生」を祝う気持ちが希薄なのでなおさらか・・・ ましてや、じゅんぺいがサンタさんを信じていた頃のあの純粋な瞳に出会うこともない訳だし… できれば毎年この時期は日本で過ごせるようにしたいものだ(お正月も!)・・・ などとつらつら思いつつ過ごした完全脱力の「夢の跡」ならぬ、クリスマスの後…。
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-26 17:36 | パリの郊外 
2009年 12月 24日

聖夜・・・Douce nuit @ St.Germain-en-Laye (78)

f0095128_18422594.jpg

 Douce nuit! Sainte nuit!   き~よし~、こ~のよる~

f0095128_1841587.jpg

 Dans les champs, les bergers  ほ~しは~、ひ~かり~

f0095128_18413533.jpg

 Par les anges avertis す~くい~の、み~こは~

f0095128_18415085.jpg

 Font partout retentir leur voix  み~はは~の、む~ねに~

f0095128_1842981.jpg

 Le Sauveur vient de naître  ね~むり~、たも~う~

f0095128_18404931.jpg

 Le Sauveur est là!  い~と、や~すく~


Douce nuit! Sainte nuit!
Mon Jésus bien aimé
Quel sourire dans tes yeux
Tandis que pour l'homme
Sonne l'heure sainte
L'heure du salut


 みなみなさまに・・・ メリークリスマス!! JOYEUX NOEL ... !!
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-24 19:03 | パリの郊外 
2009年 12月 24日

NOEL 秒読み・・・ @ St.Germain-en-Laye (78)

f0095128_710348.jpg

 いよいよ・・・近付いて来た!

f0095128_7103561.jpg

 明日はイヴ・・・

f0095128_7111021.jpg

 夜は友人宅でパーティ・・・

f0095128_7112857.jpg

 シャポン Chapon というクリスマス御用達の鶏を予約してある・・・8~9人用なのでかなり大きいはず・・・それを2時間から2時間半かけてオーブンで焼くのである・・・もちろん詰め物なんかもしてある・・・

f0095128_713175.jpg

 デザート用にはチョコレートシフォンケーキのショートケーキ風を作る予定・・・。
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-24 07:20 | パリの郊外 
2009年 12月 21日

我が街のクリスマス仕度 part.II @ St.Germain-en-Laye (78)

f0095128_30843.jpg

 今日も雪が降った・・・でも、午前中だけ・・・(ほ)

f0095128_302761.jpg

 気温もなんとか1度まで上がった・・・(重ねて、ほ)

f0095128_311774.jpg

 雪が降る数日前にたくさん撮っておいてよかった・・・(極力外へ出たくない)

f0095128_323864.jpg

 さすがにスノーブーツ履いてまで撮りに行く気はしないし・・・(転んでカメラを壊しそう)

f0095128_343479.jpg

 この、いつ雪が降り出してもおかしくない天気、と郊外線RER-Aのスト・・・どっちが先に終わるんだろう・・・ちなみに電車は4本に1本の割合でしか走ってないので40分に1本ということになり・・・それも昨日と今日(土日)はサンジェルマン・アン・レ発パリ方面行きの最終電車が19時02分発というスゴいことになっていた・・・バカンスに突入したじゅんぺいは友達とパリで遊ぶ計画を立てているが・・・毎日のスト情報から目が離せない状況・・・みんなで日本食を食べに行くのがメインイベントらしい・・・!
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-21 03:18 | パリの郊外 
2009年 12月 19日

我が家のクリスマス景色 @ St.Germain-en-Laye (78)

f0095128_19523387.jpg

 今年も登場・・・じゅんぺいが赤ちゃんの時から毎年、地味にではあるが確実に登場・・・

f0095128_1954111.jpg

 白とシルバー中心のオーナメントを飾ったこの白いツリーも、もう5年ぐらいになるかな・・・

f0095128_1953188.jpg

 18年前にパリに住んでいて、この木のお人形をプレゼントしてくれた同級生のJ子嬢に見せたいけど、メールアドレスが変わってしまった様子・・・彼女の2人の娘たちはもう立派な社会人になったと風の噂・・・そうかもねぇ・・・彼女は同級生の中でも結婚も出産も早かったからなぁ・・・

f0095128_19533439.jpg

 買い物に行ってもクリスマス仕様・・・普通の食材売り場はいったいどこへ?

f0095128_19553081.jpg

 柊の枝、あちこちで活躍中・・・(カードにも必ず描くほどの柊好き)

f0095128_19554842.jpg

 雪が降ったおかげで、ますますクリスマスっぽい・・・

f0095128_1956765.jpg

 あぁ、24日の晩のメニューをしっかり考えなくちゃ・・・!(毎年プレッシャー)
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-19 20:10 | パリの郊外 
2009年 12月 19日

雪だより @ St.Germain-en-Laye (78)

f0095128_243439.jpg

 夕べ、一度雪はやんだ・・・

f0095128_25224.jpg

 滑りそうな道だけど、とりあえず雪は降っていなかった・・・

f0095128_252579.jpg

 けど、朝9時頃、また・・・一時は吹雪にみたいに風に舞って下から降ってるようにも見えた・・・

f0095128_254443.jpg

 窓の向こうに見えるじゅんぺいの部屋は真っ白に雪で覆われていて、寒そ~! (事実家じゅうで一番気温が低いのが彼の部屋)

f0095128_2181822.jpg

 どうなるかと思ってたのに、お昼過ぎには晴れ間が出て、夕方にはこの通り・・・

f0095128_5324096.jpg

 気温はマイナス4度だけど夕焼け・・・! (マジ、寒い)
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-19 02:29 | パリの郊外 
2009年 12月 18日

我が家のクリスマス仕度 @ St.Germain-en-Laye (78)

f0095128_4455365.jpg

 クリスマス用にひいらぎの枝を何本か買ってきた・・・それを見たじゅんぺいが、「え~っと、なんだっけこの木・・・そうだひいらぎだ」・・・そこですかさず母が質問・・・「どういう漢字だか知ってる?」・・・「木へんに・・・冬!」 「わ、えらいじゃん!!」 そ~んなたわいのないやりとりがあった後、柊も我が家に受け入れられ、ほっとした様子で、晴れてクリスマス要員に加わった・・・(ような気がする)

f0095128_446827.jpg

 去年は壁をツリー代わりにしたけど、今年は2年ぶりにこの白いツリーが復活・・・

f0095128_4462368.jpg

 光ファイバーを通じて、色が順番に変わる・・・(幻想的)

f0095128_4463968.jpg

 色がたくさんあり過ぎてもしつこいのでと・・・
 
f0095128_4465416.jpg

 飾りのオーナメントの色を全て白か透明かシルバーで統一・・・

f0095128_447728.jpg

 私がこのツリーを買った数年前にはなかなかいいのが見つからなかったんだけど・・・

f0095128_4472159.jpg

 気が付いてみると市場の半分を占めているから不思議・・・

f0095128_4474164.jpg

 部屋を真っ暗にして、このツリーの色が変わる様子を見ているだけで、な~んか幸せ・・・!
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-18 05:07 | パリの郊外 
2009年 12月 17日

初雪 @ St.Germain-en-Laye (78)

f0095128_17214050.jpg

 朝起きてカーテンを開けたら・・・この景色! (8時なのにまだ街灯が点いてる)

f0095128_17222219.jpg

 確かに天気予報でも言ってたけど、どうせ当たらないだろうと・・・

f0095128_17223838.jpg

 ってことは明日は「突風を伴う大雪」・・・? (ちょっと待って)

f0095128_1723217.jpg

 9時になり、ようやく明るくはなったものの・・・マイナス3度の気温・・・お星様も寒そう・・・。
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-17 17:29 | パリの郊外 
2009年 12月 16日

じゅるじゅーる! @ La Cour d'appel de Versailles (78)

f0095128_157557.jpg

 この日の朝、8時半にヴェルサイユにいたのは決して偶然ではなくって・・・行き先は「ヴェルサイユ控訴院」・・・日本でいうところの高等裁判所と最高裁判所の真ん中に位置している裁判所・・・ちなみに大日本帝国憲法においてはこの「控訴院」とやらが存在していたようであるが、日本においては現在の高等裁判所にあたるものだったらしい・・・(全て受け売り)

f0095128_1581932.jpg

 ま、とにかく、私は朝9時にここで行われる宣誓式に出席するべく、ヴェルサイユにいた・・・実はこの建物というか門の前を今までに何十回となく車で通過していた・・・んだけど、

f0095128_1583882.jpg

 こんなところに裁判所があったなんて・・・縁がないと気がつかないよね、こういう類いの建物は特に・・・。

f0095128_1585640.jpg

 この小さな門のようなところを入って、すぐ左の入り口が約束の場所・・・ここで「宣誓式」は行われた・・・ものものしい制服(白くて短いネクタイが貼りついてるみたいな黒のロング丈の上っ張り)を着た上に、サンタクロースみたいな赤いサテンのマントを身にまとった3人の弁護士が正面に鎮座し、横には検事長・・・30分以上に及ぶ立て板に水のような彼の演説に惚れ惚れと聞き入った後は、名前を読み上げられる順に、彼らの前に無造作に置かれている金属製の肘掛け・・・というか、一人用の柵とも言えるようなモノの前に歩み寄り・・・「インディアン、嘘つかな~い!」っていうやつみたいに右の手のひらを相手に向けて・・・「じゅるじゅーる!」(げろげ~ろ、と同じイントネーションで)と言えばいいのである・・・知的好奇心旺盛な方のために付け加えておくとすると・・・じゅるじゅーる、は Je le jure (誓います)という意味・・・。

f0095128_1591242.jpg

 宣誓式の後は、別室に移動しての説明会・・・そしてボージョレ・ヌーヴォーで乾杯しながらのカクテルパーティ兼昼食タイムと相成った・・・この道20年以上という大先輩の紳士淑女が多いのだが、この会は「同業者の集まり」であるということで、最初から無礼講・・・フランス語での Vous (あなた)は使わずに Tu (きみ)という主語を用いる「お友達言葉」での会話を最初から許される(強要される)ことになり・・・でも、そのおかげで、みんなとすぐにうちとけて親しく話すことができたかも・・・。

f0095128_2154229.jpg

 La Cour d'appel de Versailles occupe depuis l'origine les anciennes écuries de la Reine. Celles-ci furent d'abord celles du roi Louis XIV qui acquit le terrain en 1672. Il fit construire, par François d'Orbay, un corps de bâtiments destiné à accueillir les écuyers, les pages, les chevaux de selle et les attelages. Mais, dès 1682, Louis XIV fit bâtir d'autres écuries face au château, plus vastes et plus commodes. Il fit alors don de ses anciennes écuries à son épouse Marie-Thérèse d'Autriche.

A sa mort, la Dauphine de Bavière, Marie-Thérèse, femme du Grand dauphin, puis Adélaïde de Savoie, duchesse de Savoie, en devinrent propriétaires.

Les Ecuries accueillirent ensuite les équipages de la reine Marie Leszczynska, puis ceux de la dauphine de France, Marie-Antoinette, archiduchesse d'Autriche. En 1773, elles furent agrandies sur les plans de Jacques Ange Gabriel.

A la Révolution, les lieux furent transformés en maison d'arrêt. Le 9 septembre 1792, 14 prisonniers y furent massacrés. Les guerres napoléoniennes transformèrent les écuries de la reine en hôpital militaire.

A la Restauration, la garde royale s'y établit. Puis divers régiments y prirent leurs quartiers.

L'armée ne se sépara de l'édifice qu'en 1968 au profit du ministère de la Justice, qui y installa certains services du tribunal de grande instance et le Centre de production régionale informatique. La cour d'appel prendra progressivement leur place.

(ヴェルサイユ控訴院の公式HPより引用)

f0095128_1592833.jpg

 この裁判所は、17世紀後半にはルイ14世の厩舎で、その後王妃たちの厩舎となった・・・というこの看板を見て、ふ~むと納得・・・言われてみると、いかにもそれっぽい建物だ・・・厩舎が(たとえ紆余曲折あったとしても)裁判所になるなんて、やっぱりフランスっぽい・・・。

 一体なんの話だかわからなかった人はここを一読・・・ → 「宣誓式に至るまで」

 2日後の明日には早速研修がある・・・久しぶりの法律の話はとっても新鮮で楽しみ・・・! 
 
[PR]

by maVieestBelle | 2009-12-16 05:34 | パリの郊外