パリの郊外暮らし

ephemere.exblog.jp
ブログトップ

タグ:お散歩 ( 39 ) タグの人気記事


2011年 08月 10日

鎌倉で涼 @ Kamakura, KANAGAWA

f0095128_13191243.jpg

 今日は夏一番の暑さのようなので、ちょっと涼しげな画像を・・・

f0095128_13432140.jpg

 先週末の、雨の鎌倉・・・(こうやって一円玉を投げるのは何か意味があるのだろうか)

f0095128_13444713.jpg

 小町通りを抜けて久しぶりに足を運んだ鶴岡八幡宮・・・(少なくとも20年ぶり)

f0095128_134819.jpg

 モネの睡蓮の池よりも100倍美しい・・・(と私は思う。あれは画家が偉大なだけ)

f0095128_1350914.jpg

 カメも雨が嬉しいのかな・・・(確かに蓮の池には雨が似合うけどね)  
 
f0095128_13214927.jpg

 寒いぐらいだったのが今思うと嘘のよう・・・(今日は37℃までいくらしい)

f0095128_13222163.jpg

 日本の美しさ・・・(しみじみ)

f0095128_13531638.jpg

 雨が強過ぎて上手に咲けてない・・・のか?(他の花もみんなこんな風)
[PR]

by maVieestbelle | 2011-08-10 13:25 | 日本の夏
2010年 12月 21日

秋の空を反芻する @ St.Germain-en-Laye

f0095128_4463125.jpg

 一応断っておくけど・・・これは11月初旬のお散歩の続き・・・

f0095128_4464738.jpg

 今日も朝からまたかなりの雪が降った。

f0095128_447561.jpg

 夕べは一度雨になって雪が全部とけたのにまたまた雪・・・パリの"BOOK OFF"へ行く予定を延期せざるを得なかった・・・滑りながら運転するのは、スリルがあり過ぎて心臓に悪い・・・

f0095128_4472289.jpg

 もう雪はあきあき・・・青空が懐かしい・・・あとどれだけの辛抱か・・・ホワイトクリスマスなんてぜんっぜん嬉しくないんだけどなぁ・・・だいたいフランス語だと「ノエルブラン」ってまるでほわっと来ないし・・・!

f0095128_4473672.jpg

 日本(関東地方)の冬は木枯らしが吹いても青空が見えるのがいい・・・(隣の芝生?)

f0095128_4475296.jpg

 この噴水も今頃はきっと凍ってるだろうな・・・

f0095128_448886.jpg

 駅前広場を見下ろすアパート・・・一軒の横幅かなり狭そう・・・

f0095128_4482744.jpg

 サンジェルマン・アン・レ城はきっと一生の思い出・・・
 
f0095128_4484216.jpg

 ルノーサンクってまだ健在だったのね・・・

f0095128_449454.jpg

 カフェ犬といえばシェパード・・・なんでだろ?

 クリスマスまで・・・あと・・・5日か・・・
[PR]

by maVieestbelle | 2010-12-21 05:10 | パリの郊外 
2010年 11月 20日

サンジェルマン・アン・レ城の庭園散歩 IV @ St.Germain-en-Laye

f0095128_243420.jpg

 お散歩の続きがなかなかUPできない今日このごろ・・・
[PR]

by maVieestBelle | 2010-11-20 02:44 | パリの郊外 
2010年 11月 11日

サンジェルマン・アン・レ城の庭園散歩 III @ St.Germain-en-Laye

f0095128_617716.jpg

 明日は祝日だってことをすっかり忘れていた・・・(買い物はあきらめよう、ま、どっちみち仕事だけど)

f0095128_6151747.jpg

 この右側には昔からヤギがいて、子供たちが柵越しに葉っぱを食べさせる憩いの場となっている。

f0095128_6153139.jpg

 何をするともなく散歩する人が多い、サンジェルマンの森・・・

f0095128_615081.jpg

 私もよくここで自転車に乗った・・・暴走するじゅんぺいの後をひやひやしながら追いかけて・・・とにかくいつ誰にぶつかってもおかしくないような走りだったもんで・・・常にひやひやしながら生きてたよな、あの頃は・・・現に、友人が遊びに来て一緒に散歩していた時、彼女に後ろから激突したことがあって・・・ちょうど乗馬帰りで乗馬用パンツをはいていたからお尻に皮製のプロテクションがついていたんだけど、それがパシッ!と割れてしまった(というか、そのおかげで大事に至らずにすんだ)という・・・とにかく、ホントに一瞬たりとも目が離せないガキ(よく言えば元気のいい男の子)だった、実に。

f0095128_6154574.jpg

 そういえば、あの彼女(と愛馬のアベリーノくん)はパリからデュッセルドルフに移ったけど、今頃どこでどうしているかな・・・

 そこで、またまた10年前の画像をひっぱり出してみた・・・これが噂のHさんとアベリーノくん。
f0095128_701796.jpg

 ブローニュの森の一角にある厩舎に毎朝毎晩通って我が子のように可愛がってた彼女は、中学・高校時代の1年先輩で、めちゃくちゃ目立つ存在だったけど、まさかパリで再会するとは・・・(!) 

f0095128_7133410.jpg

 じゅんぺいも「犬の散歩」感覚で綱を持たせてもらい・・・何やら対話中?

f0095128_6155977.jpg

 最近、10年分の画像を収めてある外付けハードディスクをつなぎっぱなしなので、すぐに過去の検索ができて便利・・・初めてのデジカメからもう10年も経ったなんて・・・年の経つのの早さに愕然・・・(!)

f0095128_620192.jpg

 これぞ枯れ葉のじゅうたん・・・
[PR]

by maVieestBelle | 2010-11-11 07:15 | パリの郊外 
2010年 11月 09日

サンジェルマン・アン・レ城の庭園散歩II @ St.Germain-en-Laye

f0095128_4581368.jpg

 遠くに電車の通る橋・・・

f0095128_4582891.jpg

 時々電車が通る・・・来る電車か、行く電車か・・・

f0095128_4584214.jpg

 日本に較べるとホント、ゆったりとして雄大・・・あ、でも較べる先による・・・

f0095128_513538.jpg

 グランド・テラスという名の散歩道・・・じゅんぺいが幼い頃には一緒によく自転車で向こうまで行ったものだけど・・・子供が大きくなると親もそう頑張らなくなるなぁ・・・

 ここで突然思い立って、10年前の画像をひっぱり出してみた・・・
f0095128_22114352.jpg

 お城の庭はうちの庭・・・ぐらいの感じでよく通った・・・(じゅんぺい9才)

f0095128_2212695.jpg

 こ~んな風にほっぺがつるんとしていたんだった・・・(今ではハグすると痛い!)

 そして、また10年後の今に戻って、と・・・
f0095128_52322.jpg

 こういう整然とした景色がいかにもフランスらしい・・・

f0095128_521857.jpg

 ここから先はサンジェルマンの森の中の散歩道・・・

f0095128_523345.jpg

 頭の上の方まで黄色い・・・

f0095128_524516.jpg

 こんな風にくねくねと空に伸びた木の葉っぱも、やっぱり黄色・・・
[PR]

by maVieestBelle | 2010-11-09 05:19 | パリの郊外 
2010年 11月 07日

サンジェルマン・アン・レ城の庭園散歩 I @ St.Germain-en-Laye

f0095128_4462834.jpg

 今日は昨日とはうって変って雨模様の一日・・・(本来の今頃の気候なので不思議なし)

f0095128_4463924.jpg

 でも、昨日これ撮っておいてよかった~(きっと明日行ったら違う景色)

f0095128_4465217.jpg

 印象派のモネやシスレーにありそうな空と雲・・・

f0095128_447515.jpg

 いつも思うけど、最高の立地のアパート・・・庭がお城の庭園だもんね・・・

f0095128_4471727.jpg

 一本だけ裸の木があるのは何故だろう・・・

f0095128_4473011.jpg

 ここからの眺めはいつ見てもいい。

f0095128_447471.jpg

 眼下はピノ・ノワール品種のぶどう畑・・・向こうに見える橋は、パリから来た郊外電車RERがサンジェルマン・アン・レに着く手前でセーヌ河を渡る橋・・・これを渡ると「あぁ、帰って来た」って思う・・・パリからほんの30分程度なんだけどまるで違う世界だからかな・・・

f0095128_448377.jpg

 これぞ「黄色」って感じに染まってる・・・


 お散歩まだまだ続く・・・
[PR]

by maVieestBelle | 2010-11-07 05:00 | パリの郊外 
2010年 11月 06日

サンジェルマン・アン・レ城の辺り @ St.Germain-en-Laye

f0095128_4303230.jpg

 何故にドイツの国旗なのか・・・今いち把握できてないけど・・・駅前広場の感じ。

f0095128_4304489.jpg

 今日は友達から突然の電話をもらって、じゃ、せっかくなのでお城散歩でも・・・と黄葉を愛でることに。

f0095128_4305444.jpg

 もう年内あと数えるほどの好天だろうな・・・(あくまで悲観的)

f0095128_431555.jpg

 秋の空、秋の雲の気配がして嬉しくなる。

f0095128_4312029.jpg

 この二人が恋人同士なのかどうかは・・・あくまで疑問。

 これからしばらく一緒に秋のお散歩・・・!
[PR]

by maVieestBelle | 2010-11-06 04:55 | パリの郊外 
2009年 04月 22日

ソー公園でお花見 おまけ編 @ Parc de Sceaux (92)

f0095128_005610.jpg

 こちらが白いサクラ・・・南の桜園 Bosquet Sud の方へ行くと雰囲気がガラっと変わる・・・

f0095128_013047.jpg

 楚々として美しいけれど、既にあちこちで葉桜状態・・・八重桜より少しピークが早いんだろう・・・こちらが満開の時もさぞかし美しかったに違いない・・・!

f0095128_04252.jpg

 真ん中にタテにグラン・カナルという運河が走ってるけど、その左側の上にある四角部分がピンクの桜の Bosquet Nord で、下のほうのちょっと小さめの四角部分が白い桜の Bosquet Sud である。パリからの郊外電車 RER B線の最寄り駅は公園の南側に位置する La Croix de Berny のほうが便利とのこと・・・ソー公園 Parc de Sceaux で下りると、お城には近いけどお花見会場まではかな~り歩くことになる・・・真ん中にどん、と横たわっているこの運河が実はかなりの曲者で・・・ここを渡る手段が皆無なのだ・・・すぐそこに向こう岸が見えているのに、ぐる~~~~っと回らないと反対側に行かれないのである・・・。

f0095128_021413.jpg

 帰り道・・・桜の園を一歩出ると、ぐっとお城の公園っぽくなる・・・

f0095128_025176.jpg

 公園西側の入り口(車だとここが一番便利)に到着・・・この建物の裏側がお手洗いの入り口・・・公園のトイレとは思えないほど清潔に保たれていたのには感心した・・・そういえば、お花見会場にも誰一人としてゴミを残していった人はなく・・・持って来たモノは全て自分たちで持って帰るというのが徹底していたのも素晴らしい・・・! 

f0095128_031478.jpg

 夕方の7時を回って、そろそろ人影もまばら・・・


 ソー公園、いまごろはピンク色の桜吹雪が舞っているのかな・・・。
[PR]

by maVieestBelle | 2009-04-22 23:59 | パリの郊外 
2009年 04月 20日

ソー公園で初のお花見 前編 @ Parc de Sceaux (92)

f0095128_174286.jpg

 さてお花見・・・前日からの雨を引きずって、一向に空は明るくならない・・・でも、開始時刻を1時間半ほど遅らせて根性&気合いで決行することになり・・・それ(気合いと根性)が理解できないフランス人夫からは、「なんでこんなに天気悪いのに中止にならないの~?」というコメントがあったらしいけど・・・!(う~ん、君たちには理解できないだろーね、きっと・・・)

f0095128_183330.jpg

 うちから車で約45分・・・2時過ぎに着いてみたところまだ誰も来ていない模様・・・

f0095128_19643.jpg

 じゅんぺいと二人で適当な場所を確保して・・・みんなを待つことに・・・

f0095128_1113416.jpg

 日本人主体のグループが6~7組・・・と、フランス人だけのグループもあった・・・

f0095128_112753.jpg

 公園パトロールのカートが通る・・・ポーズを取りながら通過・・・ノリがいい・・・!

f0095128_1134777.jpg

 ここはソー公園の中でも Bosquet Nord 北の木立・・・という区画で、このような濃いピンクの八重桜ばかりが植えてある・・・ちょっと離れたところにある Bosquet Sud 南の木立・・・のほうには白い桜ばかりが植えてあって、そこもきれいだそう・・・。どちらで花見をするかは、好みで決める・・・今回はピンクで!

f0095128_1141212.jpg

 一応、場所取りをしてる・・・つもりのじゅんぺい・・・。

f0095128_1125670.jpg

 3時ごろになって、ようやくみんなが到着しはじめた・・・!


 もちろん、つづく・・・。
[PR]

by maVieestBelle | 2009-04-20 23:59 | パリの郊外 
2008年 10月 21日

ルーベンスの家へ @ Maison de Rubens / Rubenshuis

f0095128_174909.jpg

 ボリュームたっぷりのピザと苦みばしったベルギービールですっかりお腹がいっぱいになったので、食後のエスプレッソを飲んだ後は、またまた観光を続行・・・。

f0095128_17493752.jpg

 このグローン広場にも銅像が立っていた、アントワープを代表する芸術家・・・

f0095128_1750516.jpg

 ルーベンス・・・の暮らした家が残っているというので、地図を頼りに適当に歩いて行った。

f0095128_17504462.jpg

 1609年に32才で結婚したルーベンスが翌年買い求めたこのアトリエ兼邸宅は、その後5年間かけて改築され、1640年に62才で亡くなるまでそこで暮らした・・・彼の殆どの傑作は、この家で描かれたそうだ。

f0095128_17512147.jpg

 彼は7ヶ国語を話し、外交官としても活躍したという・・・多才な人だったんだ・・・

f0095128_1752929.jpg

 この庭は、当時の版画や絵画をもとに、17世紀風に再現されたとのこと・・・

f0095128_17523889.jpg

 こ~んな珍しい花があった・・・トケイソウというらしい・・・長針と短針が・・・ある。

f0095128_1753881.jpg

 このかわいらしい鳥の名前は・・・?

f0095128_17534618.jpg

 なぜかレモンの木も・・・

f0095128_17541825.jpg

 この3連のアーチによって二つの建物がつながっている形になっていて、ルーベンスの作品にも何度か登場しているとのこと・・・。

 建物の内部は撮影禁止だったので、残念ながら画像はなし・・・彼が使っていたという大きなアトリエと、贅を凝らした調度品の数々が印象的だった・・・。


 A suivre ... まだまだお散歩つづく・・・
[PR]

by maVieestBelle | 2008-10-21 19:11 | ベルギー