「ほっ」と。キャンペーン

タグ:サンジェルマン・アン・レ ( 30 ) タグの人気記事


2011年 03月 30日

今度は梅・・・@ St.Germaine-en-Laye

f0095128_19261963.jpg

 梅といってもこれはプリュニエ・・・プラムの木である。

f0095128_19263227.jpg

 隣の桜がはらはらと散る横でぐんぐんと蕾を膨らませていた。

f0095128_19264761.jpg

 今、この近辺ではこのプリュニエが花盛り・・・

f0095128_19265892.jpg

 隣家のプールの出番は・・・まだまだ当分先だと思うけど。
[PR]

by maVieestbelle | 2011-03-30 19:32 | 花のある風景
2011年 03月 22日

今日は青空 @ St.Germain-en-Laye

f0095128_0403490.jpg

 朝から晴天・・・

f0095128_0405274.jpg

 まだほんの少し肌寒い。

f0095128_041690.jpg

 フランスにおける熱狂的な日本報道も少し落ち着きを見せている。

f0095128_0412280.jpg

 待機生活6日目・・・じゅんぺいはパリの友達の家で自炊してるとか・・・。
[PR]

by maVieestbelle | 2011-03-22 00:47 | 花のある風景
2011年 03月 21日

サンジェルマン・アン・レの桜 @ St.Germain-en-Laye

f0095128_7362942.jpg

 春はもうすぐそこ・・・

f0095128_7371746.jpg

 実は今頃じゅんぺいと一緒に日本にいるはずだった・・・

f0095128_7365948.jpg

 今はとりあえず待機中・・・

f0095128_7373134.jpg

 そうこうしている間に桜がそっと花開いてた・・・
[PR]

by maVieestbelle | 2011-03-21 07:56 | 花のある風景
2011年 02月 24日

フランソワ・ボンヴァン通り @ rue François BONVIN (78)

f0095128_4254537.jpg

 この道の存在は知っていた・・・(昔かかったことのあるお医者さんの診療室があった)

f0095128_4255626.jpg

 でも、ずっと忘れていた・・・(マルシェの広場からすぐ)

f0095128_4264176.jpg

 ミッフィーユさんからコメントを頂くまでは・・・。

f0095128_4265130.jpg

 フランスの道は人名であることが多く、殆どはそれが誰なのかもわからない(それを説明する本を見たことはあるけど)

f0095128_4274322.jpg

 でも、彼女のおかげで、この道の名前があるフランス人画家の名前だったことが判明。

f0095128_4275541.jpg

 フランス語だけど、興味が湧いた方はwiki のページをどうぞ。
f0095128_4281188.jpg

 フランソワ・ボンヴァン(1817–1887)はパリで生まれてサンジェルマン・アン・レで亡くなったそうで、おそらくこの通りに居を構えていたのではないかと思われる。

f0095128_4282224.jpg

 ほんの数十メートルほどの道だけど、彼がどこに住んでいたのかを示すプレートは見つからなかった。

f0095128_429793.jpg

 でも、ちょっとわくわくしながらカメラ片手に散策・・・ミッフィーユさん、ありがとね。

f0095128_4542351.jpg

 彼の作品をひとつぐらいは紹介させてもらうことにした(もちろん画像は無断で拝借)

 実はこのアスパラを見た瞬間にマネのこの絵を思いだしたので、こちらも無断拝借。
f0095128_4554714.jpg

 時代的にどうなのかと気になって調べてみたら、マネは1832年にパリで生まれ、1883年にパリで亡くなっているのでほぼ同世代・・・二人の関係やいかに・・・?(ちなみにこの作品は晩年の1880年の作)
[PR]

by maVieestbelle | 2011-02-24 04:46 | パリの郊外 
2011年 01月 06日

猫のいる生活 @ Chez nous

f0095128_0574841.jpg

 ふーちゃんが家の中をうろうろしている生活が終わってしまった。

f0095128_058055.jpg

 家のどこかでチリン・・・と聞こえる鈴の音もなくなり・・・

f0095128_0581192.jpg

 テーブルの上の食べ物の匂いをくんくん嗅ぐ存在もいなくなり・・・(ま、これは助かる)

f0095128_0582227.jpg

 エプロンのひもを背後からぱしぱしアタックされることももうないし・・・ 
 
f0095128_0584269.jpg

 追いかけっこをせがむ視線に答えてアパートの中をだだっと走ることもなくなった。 

f0095128_0585664.jpg

 あ~楽しかった!(ふーちゃん、心温まる時間をありがと。)
[PR]

by maVieestbelle | 2011-01-06 01:11 | 猫のいる風景
2010年 12月 21日

秋の空を反芻する @ St.Germain-en-Laye

f0095128_4463125.jpg

 一応断っておくけど・・・これは11月初旬のお散歩の続き・・・

f0095128_4464738.jpg

 今日も朝からまたかなりの雪が降った。

f0095128_447561.jpg

 夕べは一度雨になって雪が全部とけたのにまたまた雪・・・パリの"BOOK OFF"へ行く予定を延期せざるを得なかった・・・滑りながら運転するのは、スリルがあり過ぎて心臓に悪い・・・

f0095128_4472289.jpg

 もう雪はあきあき・・・青空が懐かしい・・・あとどれだけの辛抱か・・・ホワイトクリスマスなんてぜんっぜん嬉しくないんだけどなぁ・・・だいたいフランス語だと「ノエルブラン」ってまるでほわっと来ないし・・・!

f0095128_4473672.jpg

 日本(関東地方)の冬は木枯らしが吹いても青空が見えるのがいい・・・(隣の芝生?)

f0095128_4475296.jpg

 この噴水も今頃はきっと凍ってるだろうな・・・

f0095128_448886.jpg

 駅前広場を見下ろすアパート・・・一軒の横幅かなり狭そう・・・

f0095128_4482744.jpg

 サンジェルマン・アン・レ城はきっと一生の思い出・・・
 
f0095128_4484216.jpg

 ルノーサンクってまだ健在だったのね・・・

f0095128_449454.jpg

 カフェ犬といえばシェパード・・・なんでだろ?

 クリスマスまで・・・あと・・・5日か・・・
[PR]

by maVieestbelle | 2010-12-21 05:10 | パリの郊外 
2010年 12月 19日

またまた大雪 @ St.Germain-en-Laye

f0095128_193367.jpg

 夕べからの雪、止まず・・・

f0095128_1932589.jpg

 朝、起きたら、またこの景色・・・

f0095128_1934666.jpg

 日曜の朝、といっても10時過ぎだけど、車少なし・・・

f0095128_1941174.jpg

 人通りもまばら・・・(日曜の朝はマルシェがあるので本来はにぎわう)

f0095128_1945694.jpg

 こんな日は車には乗らないほうがいい、と市民は先々週学習済み・・・

f0095128_196280.jpg

 雪化粧を施されたイルミネーション・・・

f0095128_1971582.jpg

 歩道は滑るので車道の真ん中を歩く人・・・

 こんな日に喜んでいるのは、
f0095128_1972721.jpg

 犬・・・

f0095128_197388.jpg

 と子供・・・

 もうすぐクリスマス・・・
[PR]

by maVieestbelle | 2010-12-19 19:17 | パリの郊外 
2010年 12月 19日

クリスマスプレゼント @ St.Germain-en-Laye

f0095128_2292612.jpg

 随分前に母から託された一枚の小さな色紙・・・母の大好きな紅蜀葵の花が描かれている・・・当時、私が額装に夢中になっていたので頼まれたのだけど・・・その後仕事が忙しくなってほったらかし・・・でも! 先日クリニヤンクールの蚤の市でぴったり合いそうな額に遭遇して・・・合うといいな、とドキドキしながら持ち帰り・・・ようやく仕上がったので日本に送った・・・なんと10年がかり!

 クリスマスまで、あと一週間・・・

f0095128_2415148.jpg

 実はまた雪・・・たった今、窓からの眺め・・・また滑りそ~!
[PR]

by maVieestbelle | 2010-12-19 02:44 | パリの郊外 
2010年 12月 16日

寒い日の夕焼け @ St.Germain-en-Laye

f0095128_213207.jpg

 大雪は去ったけれど、依然気温はマイナスとプラスを行ったり来たりする極寒の日々・・・

f0095128_21321148.jpg

 で、そんな時に限って、詫びるかのような一瞬の夕焼け・・・うん、確かにちょっとだけ嬉しい。
[PR]

by maVieestbelle | 2010-12-16 21:35 | パリの景色
2010年 12月 12日

クリスマス支度 @ Chez nous

f0095128_2341178.jpg

 大雪の日・・・「やるぞ!」と一念発起・・・

f0095128_23411914.jpg

 この陶器製の天使は思い出のひと品・・・まだ幼くて落ち着きのなかったじゅんぺいが手に取った瞬間に、カチャ!という音をたてて大理石の床に落下して、母が泣く泣く接着剤で直した・・・なんとそれが今となれば懐かしい思い出・・・あんなショックな出来事がいい思い出になるなんて、あの時は想像もできなかったなー。

f0095128_23413269.jpg

 相変わらず圧倒的な存在感があるのはこの木製のお人形・・・嬉しいことに、18年前にこれをプレゼントしてくれた友人が再びパリに戻って来た・・・彼女との出会いは中学1年の八幡平旅行の帰りの電車の中・・・今と変わらぬショートカットの彼女は4人兄弟の長女だったせいか、なんだかとってもお姉さんっぽかったのを覚えている・・・その後も新宿駅西口から学校までの都バスで毎朝のようにはしゃいでいたっけ・・・なんだかついこの間のような気がするけど、もうお互いの子供たちがその頃の私たちよりもはるかに大きくなっているんだから、全くもって月日の流れるのは残酷なまでに早い・・・。

f0095128_23414649.jpg

 白いツリーはもう何年目になるだろう・・・当時は目新しかった光ファイバーも、今では・・・

f0095128_2342128.jpg

 これからもきっとずっと一緒のこのお人形・・・

f0095128_23422424.jpg

 もうすぐ、クリスマス・・・
[PR]

by maVieestBelle | 2010-12-12 00:10 | 日々のあれこれ