人気ブログランキング |

パリの郊外暮らし

ephemere.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 11日

葡萄畑の薔薇の花

f0095128_3594485.jpg

 ブルゴーニュ地方のぶどう畑をあちこち散策しているうちに、あれっと思ったのがこのバラの花の存在。何故に薔薇・・・? いや、まてよ。これってどっかで聞いたことあったような・・・。

f0095128_405457.jpg

 では、ここで質問です。ぶどう畑にバラ・・・の理由を次の3つの中から選んでください。

1. 殺風景なブドウ畑に華やかなバラの花で彩りを与える意図で植えられている。
2. バラの花の色によって、実がつく前のシャルドネ(白ぶどう)とピノ・ノワール(黒ぶどう)の区別がつくようにしている。
3. 害虫防止の目的で植えられている。

f0095128_41324.jpg

 さて、正解は・・・そう、3番の害虫防止です。これも知ってた人いるのかな~? だとしたら、かなりの物知り・・・すごい! (農業従事者にとっては常識・・・?)

 バラとぶどうの木につく害虫(というよりも病原虫かな)は同じ種類のものだそうで、まず香りの甘いバラの方に害虫がつくので、バラをチェックしていればぶどうの害を事前に予防することができるんだって・・・。自分が犠牲になって他のために尽くすっていうのは、バラのイメージからは程遠いと思うんだけど・・・どうやら、本当らしい。

by maVieestBelle | 2006-09-11 05:46 | ブルゴーニュ地方


<< ボーヌにての昼食 Le Gou...      「カヌーで川下り その4 終結... >>